〆切→時間→〆切→時間→未経験の仕事

[お仕事の話]2018年。正月気分もすっかり抜けてお仕事がはじまりました。直属の上司がなぜかよくわからない1週間不在ということもあり、新人の私は一人で外部の依頼に対応していて、、、パニックとまではいきませんが、たぶん周囲から見たら「奮闘」という余裕のなさを感じるのではないでしょうか。

東京で暮らしてることもそうですが、仕事内容も未経験なことが結構多く。そもそも私のこれまで生きてきたベースにないことを今仕事で必要とされているのめ、とっさに反応できなくて頭が真っ白になることが多いです。ある意味わかりやすい。自分が「あー、こんなことも思い付かないんだ」「こういう性質があるんだ」とか。もちろんbossにも指摘されます。まぁ、まだ今は理論からbossもじっくり教えてくれてますがこれが言われなくなったら終わりでしょうね、きっと。その前に自分でどうにかしなくちゃ、という危機感はあります。てか持っておかないと!

会社員とはいえうちは恐らく実力社会の縮図みたいな面もあるなぁと薄々気づいてきましたので、ここに入社できたことは「この子はできそうだな」と思われたのであって、実際にできているか、どうかの結果はこれからついてくるのでしょうし、いつ、どこで、どんなことに躓くかは誰にもわからないこと。

自分で危機感を持ち常に何かと引き換えに仕事をしているという責任感。実力を伸ばしていくために自分ができること。日々の仕事の実践の中でや、オフタイムの有効活用、思考の整理。。自分を成長させるための手っ取り早いのは「経験したことないことをする」これに限りますね。

話変わって。数年前、タイに旅行に行ったときに出会ったアロマブランド「THANN」。毎月自分へのご褒美として買っていて今月はボディーソープ。

これは少し漢方のような香りがするけど、なんか癒されます。

私は普段あまり固定のブランドを買わないのですがTHANNに執着するのには少し理由があって。

タイに旅行に行ったとき。THANNと運命的な出会いをしたので爆買いしたわけです。それこそ数万円レベルです。で、るんるん税関の関係で、空港で手荷物として持って歩いたらですね。。。

「オイルは持ち込めない。捨ててください」と指示されたわけです。いくらレシート見せようが成分見せようが聞く耳持たない。

で、泣く泣くボディオイル3本。約一万円を丸っとゴミ箱に捨てました( ;∀;)

いやー結構なショックでした。ひとりではじめての海外旅行で勉強代高くついた~(´Д`|||)

というわけでTHANNには並々ならぬ思い入れがあり、いつかまたタイに行って本店で爆買いするのが私の夢なのです!

タイで撮った一枚から。これはHARNNというブランド。タンとハーンが有名です。

パッケージもかわいいね!!

シェアする